思春期出前講座

「すこやか親子21」の主要課題である”思春期の健康対策の強化と健康教育の推進”に基づき、思春期の子どもたち及び彼らを取り巻く方々に対して助産師の視点から命の教育・性教育を実践する。
北海道助産師会の有志で2001年4月14日に発足。教育委員会・小学校教員・保護者などからの依頼を受け2001年12月15日より講演活動をしている。

北海道は若年の人工妊娠中絶率が全国で最も高く、青少年の健全育成に大きく影響している。我々助産師は出産に深く関わる職種であり、その現場の情報を伝えることにより、生命創造のすばらしさ・いのちの大切さを心に響く形で理解を深めてもらうことができる。
北海道助産師会では、2001年より有志でPALの会として勉強を重ね、同年12月より、就学前の幼児・小学生・中学生・高校生・およびその保護者や思春期の子に関わる大人を対象に各地で講演活動を展開し、大変好評を得ている。


講演について

  講演対象者
講演内容 対象人数
◆いのちの輝き 小学校5・6年生と
その保護者
人間の誕生・有性生殖・
避妊・性行為感染症の必要性について
100名まで (児童)
◆いのちからのメッセージ 中学生 100名まで
◆いのち 高校生 100名まで
◆心に響く性教育 保護者 時代の変化に対応した性教育の必要性・具体的方法について  
◆いのちの教育授業の実際 助産師・保健師・
看護師
性教育の必要性・具体的手段・我々の使命について  

よくある質問

  • 講師料はどれくらいかかるのですか?
  • 60分2万円くらいで考えております。講演の種類にもよりますので詳細は、お問合せください。
  • 講演は上記の記載のあるもののみですか?
  • よく行っている主なものを掲載しました。性教育のみでなく本会では助産師の派遣も行っておりますので、まずはお問合せください。

講演依頼

 
講演依頼をご希望の方は、下記「講演依頼はこちらから」をクリックしてください。
※「講演依頼申込書」のワード&PDFデータがダウンロードできます。

 
E-mailで申し込みをお願いします。

ダウンロードした「講演依頼申込書」に必要事項を入力し保存し、下記メールアドレスをクリックし、「講演依頼申込書」のデータを添付の上送信して下さい。

 

 

お知らせ

 
 

2018.12.2. 子どもがつながるネットの世界


内 容:ネットと子どもの心をひも解く
思春期の子どもたちが簡単にアクセスできるネットに散らばるTL・BL小説・R18漫画。子どもたちに見せないようにする方法はあるのでしょうか?「見せない」という選択肢だけなのでしょうか。こんなテーマでお話いただきます。まずは現状を知りその上で大人ができることを一緒に考えてみましょう。
講 師:安保真理子先生 作家・シナリオライター・Webライター
日 時:平成30年12月2日(日) 10:00~12:30(受付9:45〜)
場 所:札幌医療リハビリ専門学校 9階大講堂
     札幌市北区北6条西1丁目3-1 JR札幌駅東口より徒歩2分
対   象:教育関係者・助産師・保健師・看護師・学生・思春期のお子さんをお持ちの方
    ・思春期教育に関心のある方
 
申 込①12月2日研修会申込②氏名(フリガナ必須) ③所属、職種 
     ④連絡先(電話番号・メールアドレス)
     ⑤会員・非会員 会員は北海道助産師会会員番号 以上を添えて
   
 hokkaido.midwife@gmail.com にメールで申し込みください。
クリックでメールが開かない際にはお手数ですが、hokkaido.midwife@gmail.com 
を宛先に貼り付けをお願いいたします。
 
<お願い> 
迷惑メール設定をしている方は、hokkaido.midwife@gmail.com からのメールを受信できるようご自身で設定をお願いいたします。 

 
 事業報告書

思春期学習会では、平成27年度より事業報告書を作成し北海道助産師会社員総会で配布、主催の学習会などで閲覧していただいております。今年度は、7,000人を超える生徒さんと330人の先生方、148人の保護者に命の現場に携わる助産師として「命の輝き」を伝えることができました。思春期学習会の活動へご協力いただいた関係者の皆様に深くお礼申し上げます。

【妊娠・出産に関すること】【夫婦間・家族のこと】
【思春期・更年期などの心や身体に関すること】
無料電話相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。