思春期出前講座

「すこやか親子21」の主要課題である”思春期の健康対策の強化と健康教育の推進”に基づき、思春期の子どもたち及び彼らを取り巻く方々に対して助産師の視点から命の教育・性教育を実践する。
北海道助産師会の有志で2001年4月14日に発足。教育委員会・小学校教員・保護者などからの依頼を受け2001年12月15日より講演活動をしている。

北海道は若年の人工妊娠中絶率が全国で最も高く、青少年の健全育成に大きく影響している。我々助産師は出産に深く関わる職種であり、その現場の情報を伝えることにより、生命創造のすばらしさ・いのちの大切さを心に響く形で理解を深めてもらうことができる。
北海道助産師会では、2001年より有志でPALの会として勉強を重ね、同年12月より、就学前の幼児・小学生・中学生・高校生・およびその保護者や思春期の子に関わる大人を対象に各地で講演活動を展開し、大変好評を得ている。


講演について

  講演対象者
講演内容 対象人数
◆いのちの輝き 小学校5・6年生と
その保護者
人間の誕生・有性生殖・
避妊・性行為感染症の必要性について
100名まで (児童)
◆いのちからのメッセージ 中学生 100名まで
◆いのち 高校生 100名まで
◆心に響く性教育 保護者 時代の変化に対応した性教育の必要性・具体的方法について  
◆いのちの教育授業の実際 助産師・保健師・
看護師
性教育の必要性・具体的手段・我々の使命について  

よくある質問

  • 講師料はどれくらいかかるのですか?
  • 60分2万円くらいで考えております。講演の種類にもよりますので詳細は、お問合せください。
  • 講演は上記の記載のあるもののみですか?
  • よく行っている主なものを掲載しました。性教育のみでなく本会では助産師の派遣も行っておりますので、まずはお問合せください。

講演依頼

 
講演依頼をご希望の方は、下記「講演依頼はこちらから」をクリックしてください。
※「講演依頼申込書」のワード&PDFデータがダウンロードできます。

 
E-mailで申し込みをお願いします。

ダウンロードした「講演依頼申込書」に必要事項を入力し保存し、下記メールアドレスをクリックし、「講演依頼申込書」のデータを添付の上送信して下さい。

 

 

お知らせ 

ドコモ助成事業報告会 中高生のための「性の健康授業」開催報告。

 

  2017年度、『平成28年度ドコモ市民活動団体助成事業』の助成により新規活動として、中・高校生へ「性の健康授業」を加えることが出来ましたので、関係者様への報告を兼ね、新しい情報や意見の交換会を行いました。
 市内近郊から61名の小学校、中学校、高校、大学の先生方や保健福祉分野の専門家や医療関係者がご参加くださいました。
 参加者からは、「性に関する教育の伝え方や進め方に迷いや困難を感じている現状や具体的事例を共有する機会となり有意義だった」「是非このような勉強会を継続してほしい」「改めて性の健康教育の重要性を確認できた」「専門家として助産師に授業をしてほしい」等の声をいただくことができました。
 今後も授業作成や情報提供と学び合いの場を作ることも視野に入れ、事業を計画していきます。この場を借りて、参加者の皆様、関係者の皆様にお礼申し上げます。

 
 
                   
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

【妊娠・出産に関すること】【夫婦間・家族のこと】
【思春期・更年期などの心や身体に関すること】
無料電話相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。